tabu tabu


用意する物は、

■包みたい商品

シュリンクフィルム用 溶断機(シーラー)or シュリンクフィルム用 溶断機(シーラー)P−300

EXCEL製 ヒーティングガン or 家庭用ドライヤー
(家庭用ドライヤーでも代用出来ますが
排出温度が低いために細かなシワが残りやすいですのが難点です。
ヒーティングガンを使用すれば、綺麗にフィルムを張れます。)

シュリンクフィルム
(シュリンクの収縮率は縦・横で違います。
 概ね20%前後、あまり縮めない方が綺麗です。
 余分は4センチ程を目安に、少し大きめのものを。)







▲まず、シュリンクは箱より大きめの物を用意します。
画像の通りシュリンクの隅に箱を置いて横少しと、



▲縦少々多めに余裕のあるシュリンクを選びます。








▲そしてゆっくりと入れます。

※シュリンクの中に箱を入れる際はなるべく折らない様に、
箱の隅の部分は当たると破けてしまうので特に気をつけて下さい。



▲入れ終わったら、溶断する所をヨレの無いように整えます。







▲そして、溶断機の目盛を設定。

※溶断機の温度調節は各メーカーにより違いますが、
当社で販売しているものは”4”より少し下に設定。







▲溶断部分にしっかり整えて置き、



▲「ピッ」と音がするまで押さえつけます。
全体的に箱より一回り余った部分を残して溶断して下さい。

※今回使用している溶断機ではこの「ピッ」とゆう音がしますが、
他社の製品は音がしないものもあります。



▲そうするとこの様に全体にシュリンクがかかった状態が出来ます!!

tabu


(c) x-saab  2003-2013 All Rights Reserved.